BLOG

飲んだ後のしめは玄米リゾット

2017年03月01日

飲んだ後のしめはありです。玄米リゾットオススメ

春は、卒業や異動で飲み会が増える季節ですね。

飲んだ後、女性はアイスやチョコ、男性はラーメンを食べがち。

これってどうなんでしょう?

肝臓はアルコール処理を優先

先日、友人が朝からご飯をモリモリ食べていました。

「あれ、ダイエット中じゃなかったっけ?」と言ったら

「飲んだ翌日はお腹すくんだよね~」と

 

食生活を低糖質にしている人が増えていますが

お酒のおつまみもすべて低糖質で

しかも、しめの雑炊やご飯も食べないと

家に帰る途中や翌朝、ぐっと空腹を感じます。

 

あんなに気を使ってメニュー選んだのに

寝る前にアイスをペロリ

こんなケースありませんか?

 

糖質の摂取が少ないと

脂肪を燃焼させ肝臓で糖を作ってくれます。

でも、お酒を飲むと、肝臓の司令塔は

「とにかく解毒せよ!」とアルコール処理にとりかかります。

 

その結果、血糖値はなかなか上がらず

「なんか、食べたいね」となるわけです。

飲み会のしめは玄米リゾット

コースの最後にうどんや雑炊が出てきますが

実はこれ、正解。

 

お酒の量や肝臓の処理能力にもよりますが

私は低GI、つまり血糖値がゆっくり上がる糖をおススメします。

雑炊、玄米、チャーハン

これらは糖の吸収がおだやかで

しっかりいただいても安心です。

もちろん白米、ラーメン、アイスも多量に食べなければ問題なし

 

ときどきアルコール性低血糖になる人がいるので

お酒と同量のお水を飲むことも忘れずに

飲み会、盛り上がっていきましょう!