お知らせ

夏!魅せるカラダに!「脳を使って賢くダイエット」セミナー

2014年06月05日

魅せるカラダ

運動したいけど、続かない!
痩せたいけど、何かを我慢するのはいや!
そんなあなたに、脳の仕組みを利用した、賢いダイエット法をお伝えします。
主催は勉強会プロデューサーのベッキーさんです。
http://cho-beckey.com/
それには、まず脳の性質を知ることです。

コンテンツ:
脳を利用すると何故効率がいいのか

ストレスの少ないダイエット法を探す
脳と運動の関係を知る
脳を使用した運動の習慣化のコツ
運動が脳や身体に与える驚くほどの効果とは
アイスブレイクにシナプソロジー
シナプソロジーを使って、脳への刺激のインプットアウトプットを知るなどなど
あと少しお席があります。

日時:6月8日(日) 9:30-11:30
~終了後、名刺交換会を行います~
料金:3,000円
場所:勝どき区民館
アクセス:大江戸線 勝どき駅 A1出口徒歩1分
定員:20名

 

報告:【脳と運動とストレスコーピング】4月24日 

2014年04月25日

4.26-0029

東京理科大学薬学部の卒業生が行っているSKIPという勉強会で
「脳と運動とストレスコーピング」というタイトルの講習会をさせていただきました。

私は、次の3つを手に入れるために、運動を生活に組み入れることを提案します。
1.ストレスを手放すことができる
2.何歳になっても自由に体を動かすことができる
3.個性が輝く生き方ができる。

4.26-0032

2回シリーズの1回目は運動が脳にいいというダイレクトなデータを示しました。
運動以外にも、豊かな環境や大好きな趣味なども脳にいいんですね。

4.26-0053

いい質問を沢山いただきました。
一番心に残ったのは、空手の先生。
トレーニングと勉強を組み合わせていい結果が出ているけれど、そのメカニズムが知りたい、と。
その理由を2回目にお話しさせていただきますね。
今度取材に行かせていただけたら嬉しいです。

4.26-0059

SKIP主催の勉強会はお食事つきでした!「みどりえ」さんのおいしいオーガニックフード
ノンアルコールの甘酒、有機農法ビールなど、体にも心にもいい食べ物をいただきました!

4.26-0002

健康的な生き方って、体を壊しかかって初めて気づく人が多いのに
20代の若さで気づき、実践しているって、すばらしいなって心から思いました。
2回目もよろしくお願いいたします。

SKIP140426

アスリートフードマイスターのための脳と運動のレクチャー Lecture of brain and exercise for athlete food mister

2013年11月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログにも書きましたが、10月18日と11月15日に
アスリートフードマイスターの方たちの勉強会に講師としておよびいただきました。
テーマは、アスリートに関連する「食・脳・心・運動」です。

第1回目は
1.健康情報の読み方(断片的な健康情報を自分はどうとらえて、どれをチョイスするのか)
2.アミノ酸を摂取するタイミング(体力医学会の情報をもとに)
3.運動が脳に与える影響で何がわかっているのか
4.何のために運動をするのか

第2回目は
1.情報の脳への入力と出力
2.脳を活性化するプログラム「シナプソロジー」の体験
3.無理のない体の使い方について考える
でした。

1枚目と2枚目の写真は、シナプソロジーをしながら
大脳皮質で起こっていることをちょっと一緒に考えてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加される方は、トライアスロンやマラソン、ヨガ、ゴルフなど
ライフスタイルにスポーツを積極的にとりいれて楽しんでいる方ばかり。
私のほうが、たくさん刺激をいただいたように思います。
企画してくださった影山さん、いつもありがとうございます。
勉強会のあとのお食事も和気あいあいと楽しくて
次が楽しみです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

若い血がほしい  I need young blood

2011年02月26日

Exif_JPEG_PICTURE

恵比寿のMONNALISAというフレンチのお皿です。
お花がはさんであって、すっごくかわいい!!

今月末から、大きな動物実験をするので
なんだかあわただしく ブログもおさぼりしていました。

先日、勉強会で選んだ論文が面白かったんです。

詳細は「武藤順子の一生青春」をご覧ください。

つまりですね
ちょー簡単に言うと

若い血をもらうと若返り
年寄りの血が入ると老ける

っちゅうことなんです      (|||ノ`□´)ノ

怖い話ですね~

この話を聞いて盛り上がったのが中年以降のおじさん
若い学生さんは ふーん って感じでした。

年取ったら 若い血を定期的にもらいたいものです