運動

スウェーデンの学会ECSS

2015年06月25日

IMG_4288

北欧のスウェーデンで開催される学会に行ってきました。
European College of Sport Scienceという学会で
今年のテーマは、Sustainable sportでした。

北欧の人たちの英語はとても聞きやすく
まるで自分の英語スキルが上がったような気が・・・
それにしても、北欧の人たちのコミュニケーション能力の高さに
圧倒されました。
笑顔もいい!
日本の「おもてなし」の上をいくんじゃない?なんて 笑

白夜だと、気がつくと夜の10時
北欧は、とにかくセブンイレブンが多く
夕飯を食べそびれて、なんどもお世話になりました。

スポーツメンタリングに参加しました

2014年10月28日

閉会式

Sport for smile の梶川さん主催のスポーツメンタリングのボランティアをして
閉会式に参加しました。
スポーツは、人を大切にすること、将来への希望、自信を高めてくれると実感できる
素晴らしいプログラムでした。

小学生と大学生がペアになって5ヶ月間一緒に
週に一度いろんなスポーツをするので
準備やら人の手配やら場所の予約やら
本当に大変だったろうな

日本で初めてのこのドリームバスというプログラムは大成功でした
私も「身体を動かして気持ちを元気にするプログラム」を
もっと早く開発しなくちゃと
心に強く思いました!

報告[魅せるカラダに!脳を使って賢くダイエット]

2014年06月26日

Exif_JPEG_PICTURE

今回は、勉強会プロデューサーのベッキー&まりぞうさんにお世話になって
脳を使って賢くダイエットというお話をさせていただきました。

ダイエットというより、脳に興味のある方も多く来てくださり、ありがとうございました。

この日、伝えたかったことは2つ
1つ目は、痩せやすい体のしくみを、脳にインプットすること
2つ目は、ワクワクするスポーツを見つけること。

そのほかにも、
シナプソロジーという脳を活性化するプログラムを楽しみながら、脳の仕組みを学んだり
自分がワクワクするスポーツについて語り合い
本当に興味のあるスポーツを探るワークもしました。

アンケートに丁寧にお答えくださり
ほんとうにありがとうございました。
ベッキーさん、まりぞうさん、感謝してます!

アンケート↓
■ おもしろかったです。食と運動が脳に、そして自分自身にどう影響するかが、具体的にイメージできました。特に運動を、やせるための消費カロリーで考えるのではなく、運動を楽しむことで脳にいい影響を与えて、その先に健康な心身が作られていく、という話は自分の感覚としても理解できました。講師の話が日常のたとえ話が多くてとてもよかったです。 男性
■ 脳の仕組みが具体的にわかり、あらためて運動をしようと思いました。食がすごく感情に結びついているということ、面白かったです。運動をすると脳細胞を増やすという事がわかり、増やしていきたいと思いました!!私はライフオーガナイザー(お片づけ)をしていますが、NEAT(non-exercise thermogenesis activity)もすごく大事だということなので、お掃除がどんどんできるお片づけをサポートしていきたいと思いました。  浅輪とよ子さん
■ 今回、脳科学についてお話しを聴けるというので楽しみにしておりました。認知、記憶に影響するシナプソロジー、とても興味がわき、職場でも患者さんのレクリエーション等で取り入れてみたいと、扁桃体が刺激されてます。私自身ずぼらでダイエットのために食生活を変えたり、運動をすることができません。日常生活の中で、習慣として適正体重を保てるように心がけています。年齢的に基礎代謝も低下し、それも難しくなりつつあります。今回のお話しで、はやり食生活と運動も取り込んだ方法にシフトチェンジしていこうと決意しました。 石橋和枝さん
■ 脳細胞を増やすことが、運動を続ける目的の一つになりました。わかりやすくてとてもよかった。野菜、果物をもっと増やそう。食生活を見直したいと思った。 寺島薫代さん
■ 脳がこんなにすごい!!とは知りませんでした。もう、これは運動するしかないと思いました。炭水化物は今日からさっそく減らします。私は脳に関することに、とても興味があり、脳の話はいつもワクワクしていて聞いていますが、今日は本当に面白く、ダイエットだけではなく、他にもいろんな場面で使うことができそうです。シナプソロジーはすごく良いですね!終わった後、頭の中があたたかくなりました。私も勉強したいと思いました。 I.F.さん
■ スポーツは遊びだとわかってよかったです。義務感ではなく遊びとしてトライしてみます。また、筋肉をつけるレシピで簡単なものをもっと教えてほしいです。ありがとうございました。 むらさきさん
■ ラーメンライスが好きな私としては炭水化物を抑えるのが一番の課題だと思いますが、運動によりストレスコントロールをして、ひきしめたいと思います。肉や動物性脂肪が敵視されていますが、意外とそうではなかったので安心して食べたいと思います。ありがとうございました。 増岡泰秀さん
■ 楽しいセミナーでした!ちょうど最近ジムに通い始め、どうやったら続くかな・・・と考えていたところだったのですが、やはり楽しさやワクワクを持つとよいのですね!運動をリフレッシュにもうまく使って、うまく付き合っていこうと思いました。今日はありがとうございました。 山本由衣さん
■ 脳と運動の関係がこれほどまで密接なものとは思っていなかったので、目からウロコ、びっくりでした。確かに気が進まない運動は続かないし、効果も感じられないなあと納得。好きなサイクリングをもっと続けていきたいと思いました。 中村仁子さん
■ 運動=カロリー消費が目的ではなく、ワクワクするのが目的という所が、びっくりしました。他の分野でも、ワクワクすることが大切という話を聞いたことがあるので、興味深かったです。 H.F.さん

脳を使ってストレスの少ないダイエットを

2014年06月08日

Exif_JPEG_PICTURE

夏を前に、この時期やっぱりがんばるのが ダイエット!

今回は勉強会プロデューサーのベッキーさんとまりぞうさんのお世話になって
「夏!魅せるカラダに!脳を使って賢くダイエット」というタイトルで
セミナーをしました。

フェイスブックを見て、いろんなつながりの方が来てくださって
私にとっても勉強になりました。
みなさま、ありがとうございました!

今回伝えたかったことは2つ

一つ目は、痩せる体内インフラを脳に発注すること
二つ目は、ワクワクするスポーツを始めること

脳は情緒で物事を決断するから
持続の秘訣は「わくわくすること」

私、テニスも古武術もワクワクするな~

ブラインドサッカーで癒される不思議

2014年05月25日

blind soccer1

Sport For Smileという団体が行っている
スポーツメンタリングというボランティアのお手伝いを月1でしてます。

スポーツを通して、経済的に苦しい状況の小学生に対して
大学生が1対1の信頼関係を築きながら
お兄さん、お姉さんとして小学生の成長を見守るという
ドリームバス”というプログラムです。

初回はブラインドサッカー
私は見守るだけだったけど
学生たちはアイマスクをして
完全に目が見えない状態で動いてました。

それが なぜか 楽しそう
目が見えないことは大きなストレスなのに
逆に、お互いの居場所がわかったり心が通ったりすると
喜びも倍増するみたい。

心がほっこりするスポーツでした。
ストレスリリースカフェでもいつかやってみたいな!!

 

ストレスがストレスを消す!

2014年04月13日

花1 名流展(武藤)

花の話題が続きますが
今回の花展では、左の写真の「こけのついたマキ」が気にいってしまい
とりあえず2本買っちゃいました

その後、先生に見せたら
「これは、武藤さんが使う花器には無理だよ」 とあっさり・・・
思ったよりも大きい枝で、しかも姿がちょっと違うとか・・・

えーーー結構イメージできあがってたのに・・・
2本で8000円もしたのに・・・

それから二転三転して
最終的に右の作品になりました  めでたしめでたし

いくら好きでも、今回はけっこうなストレス
でも 今 論文や原稿書きや
普段のストレスからはすっかり解き放たれて
よっしゃ やるか!って気分です

違う脳を使うと
たとえ多少ストレスかかっても
いつものストレスからは解放される

スポーツ選手が他のスポーツをすることで
気分も筋肉もリラックスるするのに似てますね

Sport for future smile in Tokyo

2014年02月22日

梶川さん

1月21日にSport for smileが主宰する若者向けのイベントである
Sport for future smile in Tokyo のお手伝いに行きました。

Sport for smileは前にも書いたとおり
スポーツで社会貢献を目指す梶川さん主宰のグループ(プラットフォーム)で
この日のイベントは、スポーツを通して社会貢献をしている若者のディスカッションの場を提供するものでした。

そしてゲストになんと
国連事務総長付スポーツ特別顧問のレムケ氏がいらっしゃいました。
この日の様子は梶川さんのフェイスブックを是非!

スポーツがこれほど社会貢献できるということ

大学生が海外で行動を起こしているという現実

価値あるディスカッションを見て
私も元気と気付きをもらいました.

 

 

 

アスリートフードマイスターのための脳と運動のレクチャー Lecture of brain and exercise for athlete food mister

2013年11月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログにも書きましたが、10月18日と11月15日に
アスリートフードマイスターの方たちの勉強会に講師としておよびいただきました。
テーマは、アスリートに関連する「食・脳・心・運動」です。

第1回目は
1.健康情報の読み方(断片的な健康情報を自分はどうとらえて、どれをチョイスするのか)
2.アミノ酸を摂取するタイミング(体力医学会の情報をもとに)
3.運動が脳に与える影響で何がわかっているのか
4.何のために運動をするのか

第2回目は
1.情報の脳への入力と出力
2.脳を活性化するプログラム「シナプソロジー」の体験
3.無理のない体の使い方について考える
でした。

1枚目と2枚目の写真は、シナプソロジーをしながら
大脳皮質で起こっていることをちょっと一緒に考えてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加される方は、トライアスロンやマラソン、ヨガ、ゴルフなど
ライフスタイルにスポーツを積極的にとりいれて楽しんでいる方ばかり。
私のほうが、たくさん刺激をいただいたように思います。
企画してくださった影山さん、いつもありがとうございます。
勉強会のあとのお食事も和気あいあいと楽しくて
次が楽しみです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Sport For Smile Social Event 交流会

2013年10月25日

Exif_JPEG_PICTURE

昨日、Sport For SmileのSFSミートアップというパーティに行ってきました。
Sport For Smileというのは、梶川三枝さんが主宰しているプラットフォーム
梶川さんは、スポーツを通した社会変革を推進する日本初の試みを沢山挑戦されている
かっこいい女性です!
スポーツにかかわる前向きな人達とお会いしてエキサイティングな夜でした。

I went to a meet up of “Sports for smile” which was held by Ms Kajikawa.
She is a one cool lady, and is challenging a number of social innovation via sports.
I really enjoyed the gathering.

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは、ふうせん遊び協会の「ふうせんバレー」の紹介。
これなら重度の障害があっても、高齢者でも赤ちゃんでも楽しめそう!

This man is introducing balloon volleyball, which seems good for severely disabled  persons or the elderly, even little babies.
I wanted to try it, too.

Exif_JPEG_PICTURE

丸山さんは和みの会という、世界規模の女子会を主宰しているパワフルな女性。
秋にはサンフランシスコで10月30日から国際交流会をするとか。

Ms. Maruyama presides a global women association called “Nagomi no kai”.
She’ll be in San Francisco on October 30th to have an international exchange.

Exif_JPEG_PICTURE

向かって右の方は、鬼ごっこ協会の平峯さん。
高齢の方も鬼ごっこするって!信じられない。

The man standing on the right is from Onigokko Association.

Exif_JPEG_PICTURE

彼らは大学生で、スポーツを通じて社会に貢献したいという頼もしい3人

These three men are college students, they wish to contribute to society through sports.

ブラインドサッカーとかローラースケートとか話題も豊富
じっくりお話したい方ばかりでした。
梶川さん ありがとうございました。
私も時間をかけて、スポーツチャリティをかたちにしていきたいと思います。

There were so many interesting people with interesting ideas.
I wishI had more time to talk with people from blind succor association and so on.
And, now I got a dream to develop sport charity of my own.
Thank you Ms. Kajikawa for this great opportunity.