スポーツ

そもそもシナプソロジーって(2)

2014年06月20日

0326-0030

私とシナプソロジーとの出会いは・・・
「脳の研究をしているんだったらきっと興味があると思うよ」って
アレクサンダーテクニークという体の使い方を教えてくれる先生に
紹介してもらったのが始まりです。

運動と脳とのかかわりはすごくナチュラルであり
すごく神秘的
数値化しようと思ってもうまくいかず
でも、世界中の運動好きの研究者が日々実験を繰り返している
つかみどころがない研究対象だと私は思います。

だから竹を割ったような気持ちのいい議論にならないのは当然

シナプソロジーは㈱ルネサンスが考案し
昭和大学名誉教授の藤本司先生がアドバイスをされ
筑波大の田中喜代治先生や大蔵倫博先生が臨床試験をされた
脳を活性化するプログラムです。

私がシナプソロジーに感じることは・・・
学術的にかなり面白いデータが取れ
研究対象としてもすぐれているし
臨床効果もきちんと期待できる
ということです。

現在は、とくに学術方面へのアプローチはあまりされていないけど
知名度はどんどんあがるのではないでしょうか。