報告【運動と脳とストレスコーピング】5月31日

2014年06月01日

skip-0100

東京理科大学薬学部の卒業生が行っているSKIPという勉強会の
「脳と運動とストレスコーピング」という講習会の2回目をさせていただきました。

1回目は、運動と脳のお話をデータ中心にさせていただきました。
今回は、どんなスポーツだったら継続できるのか
その秘密をワークショップ形式でさぐってみました。
「あなたはどんな運動が好きですか?その運動のどこにワクワクしますか?」

skip-0081

本当にたくさんの意外な意見が出ましたね。素晴らしかったと思います。

skip-0079

シナプソロジーという脳を活性化するプログラムをインストラクターの高橋さんが指導してくださいました。シナプは盛り上がります!

skip-0093

そして最後はシナプソロジーのポーズで写真。

skip-0141

以下、アンケートです。みなさん、ありがとうございました。

 

■ 運動を通して脳に与える影響力がとてつもないことが分かりました。運動が苦手な人に対しても、散歩や自分の好きなことをすることで効果が得られるという回答にも興味が持てました。自分の子どもに、そして周りの人に運動の大切さを伝えるきっかけとなりました。本当に素敵な発表でした。ありがとうございました。 2回の講座は今後の自分のため、人生の糧となるでしょう   吉本信雄

■ 大変勉強になりました。脳と運動とのつながりが、これほどに顕著なことに驚きました

■ シナプソロジーが脳に及ぼす作用についてもう少し詳しく聞きたかった。また、日々の生活習慣にどう取り入れたら良いのか説明してほしかった。

■ 講義と参加者の方々との意見のシェアが織り交ぜてあり、理解が深まったと思います。

■ 普段あまり聞かない話でとても興味深かったです。高橋さんのシナプソロジーが脳に良い刺激になるというプログラムもあり、理解しやすかったです。

 

Comments

Leave a Comment