報告[魅せるカラダに!脳を使って賢くダイエット]

2014年06月26日

Exif_JPEG_PICTURE

今回は、勉強会プロデューサーのベッキー&まりぞうさんにお世話になって
脳を使って賢くダイエットというお話をさせていただきました。

ダイエットというより、脳に興味のある方も多く来てくださり、ありがとうございました。

この日、伝えたかったことは2つ
1つ目は、痩せやすい体のしくみを、脳にインプットすること
2つ目は、ワクワクするスポーツを見つけること。

そのほかにも、
シナプソロジーという脳を活性化するプログラムを楽しみながら、脳の仕組みを学んだり
自分がワクワクするスポーツについて語り合い
本当に興味のあるスポーツを探るワークもしました。

アンケートに丁寧にお答えくださり
ほんとうにありがとうございました。
ベッキーさん、まりぞうさん、感謝してます!

アンケート↓
■ おもしろかったです。食と運動が脳に、そして自分自身にどう影響するかが、具体的にイメージできました。特に運動を、やせるための消費カロリーで考えるのではなく、運動を楽しむことで脳にいい影響を与えて、その先に健康な心身が作られていく、という話は自分の感覚としても理解できました。講師の話が日常のたとえ話が多くてとてもよかったです。 男性
■ 脳の仕組みが具体的にわかり、あらためて運動をしようと思いました。食がすごく感情に結びついているということ、面白かったです。運動をすると脳細胞を増やすという事がわかり、増やしていきたいと思いました!!私はライフオーガナイザー(お片づけ)をしていますが、NEAT(non-exercise thermogenesis activity)もすごく大事だということなので、お掃除がどんどんできるお片づけをサポートしていきたいと思いました。  浅輪とよ子さん
■ 今回、脳科学についてお話しを聴けるというので楽しみにしておりました。認知、記憶に影響するシナプソロジー、とても興味がわき、職場でも患者さんのレクリエーション等で取り入れてみたいと、扁桃体が刺激されてます。私自身ずぼらでダイエットのために食生活を変えたり、運動をすることができません。日常生活の中で、習慣として適正体重を保てるように心がけています。年齢的に基礎代謝も低下し、それも難しくなりつつあります。今回のお話しで、はやり食生活と運動も取り込んだ方法にシフトチェンジしていこうと決意しました。 石橋和枝さん
■ 脳細胞を増やすことが、運動を続ける目的の一つになりました。わかりやすくてとてもよかった。野菜、果物をもっと増やそう。食生活を見直したいと思った。 寺島薫代さん
■ 脳がこんなにすごい!!とは知りませんでした。もう、これは運動するしかないと思いました。炭水化物は今日からさっそく減らします。私は脳に関することに、とても興味があり、脳の話はいつもワクワクしていて聞いていますが、今日は本当に面白く、ダイエットだけではなく、他にもいろんな場面で使うことができそうです。シナプソロジーはすごく良いですね!終わった後、頭の中があたたかくなりました。私も勉強したいと思いました。 I.F.さん
■ スポーツは遊びだとわかってよかったです。義務感ではなく遊びとしてトライしてみます。また、筋肉をつけるレシピで簡単なものをもっと教えてほしいです。ありがとうございました。 むらさきさん
■ ラーメンライスが好きな私としては炭水化物を抑えるのが一番の課題だと思いますが、運動によりストレスコントロールをして、ひきしめたいと思います。肉や動物性脂肪が敵視されていますが、意外とそうではなかったので安心して食べたいと思います。ありがとうございました。 増岡泰秀さん
■ 楽しいセミナーでした!ちょうど最近ジムに通い始め、どうやったら続くかな・・・と考えていたところだったのですが、やはり楽しさやワクワクを持つとよいのですね!運動をリフレッシュにもうまく使って、うまく付き合っていこうと思いました。今日はありがとうございました。 山本由衣さん
■ 脳と運動の関係がこれほどまで密接なものとは思っていなかったので、目からウロコ、びっくりでした。確かに気が進まない運動は続かないし、効果も感じられないなあと納得。好きなサイクリングをもっと続けていきたいと思いました。 中村仁子さん
■ 運動=カロリー消費が目的ではなく、ワクワクするのが目的という所が、びっくりしました。他の分野でも、ワクワクすることが大切という話を聞いたことがあるので、興味深かったです。 H.F.さん

Comments

Leave a Comment