論文がNature online journalに載りました

2014年02月26日

Exif_JPEG_PICTURE

大学院で実験してきたデータが2014年2月26日に
ネイチャーのオンラインジャーナルに載りました!
見て見て~って言っても誰も面白くない内容なのですが
(イノシンという魚や肉に含まれる核酸に抗うつ効果があるという内容)
私にとっては、本当にようやくここまできたなって
感無量なのであります。

データを地道にだしてこられた諸先輩や指導して下さった諸先生方に感謝です!
それと何と言っても家族の支えが大きかったなぁ
アリガト\(^^\) (/^^)/ アリガトウ

大学院に入ったときは
まさか、こんなに長い道のりになるとはおもわなかったし
そもそも博士号なんてとる気はまったくなかったし
人生わからないものです (*゚ー゚)>

しかし、大学院で学んだことは、実は研究の外にありました。
「データで人は動かない」こと
やっぱり 情緒や感動が人を動かすんだな

私の仕事の理念は
「運動を介して一人ひとりが個性を輝かせ、力強く生きていける社会をつくる」こと

大きく出ちゃいましたが
要は運動のモチベーションをあらゆる角度から上げる仕事がしたいんですね。
これから博士号の申請だけど
ようやくスタートラインが近くなったきがします。

論文発表のプレスリリースが東京都健康長寿医療センターからでてます。
もうすぐセンターのホームページに出ると思いますが、ネットでも一つ検索できました!
Exif_JPEG_PICTURE

Comments

Leave a Comment